[スポーツファクトリー チャイルドスポンサーシップ] GREEN PLANET PROJECT / グリーン プラネット プロジェクト

私達渋谷支店スポーツファクトリー支店は

チャイルドスポンサーシップを通じて支援をはじめました!

世界の様々な国を知るきっかけが多い私達の仕事。
旅に行くと、美しい、楽しいだけではない新たな世界の出来事や実情に直面します。
私達は世界への視線を、旅の知識を得るためだけでなく、あらゆる出来事に広げていたい。そう考えます。
私達に出来る事はなんだろう?まずは、深く知る事、そしてこういった支援の形がある事を知るきっかけをつくる事。
こうして私達はチャイルドスポンサーシップで子供達の支援をはじめることにしたのです。

チャイルドのプロフィール

  • ニックネーム:エマニュエル・キングくん
  • 国名:ウガンダ
  • 性別:男の子

エマニュエル・キング君は、ウガンダのナラウェヨ・キシータ地区に住む、男の子です。エス・ティー・ワールドの支援金は、NGOワールドビジョンを通じてエマニュエル・キング君やそのご家族が健康に育つため、支援地域に住む人々が自立に向かうための諸活動に役立てられていきます。

スタッフから

  • 2007年10月~2012年9月まで、支援をしていたウガンダ、カサウォ地域に住むグリオン君の支援は、無事プログラム終了となり、支援活動卒業となりました。新たにウガンダ エマニュエル君の支援を開始いたします。(2012年10月)

NGOワールドビジョンが行う、地域開発プログラムとは

  • プログラム名:ナラウェヨ・キシータ地域開発プログラム
  • 支援機関:2006年~2018年<予定>
  • 支援地域:ウガンダ共和国 キバレ県、ブガンガイジ郡、ナラウェヨ副郡、キシータ郡
  • 民族、人種:バガンダ族、ランゴ族、アチョリ族
  • 支援分野:HIV/エイズ対策、教育促進、保健衛生

ウガンダは豊かな国土と自然に恵まれ、10世紀頃、各地から様々な部族がこの地に来て住みはじめ、以来、いくつかの王国が出来ました。19世紀には、ブガンダ王国が強くなって独自の文化を発展させながら周辺を統治していました。 この王国の存在は、1862年ナイル川水源調査をするヨーロッパ人の知るところとなりました。

1889年にはイギリスとドイツが支配権をめぐって争い、翌年、イギリスの勢力下におかれました。

1962年やっと独立を果たしました。独立前のブガンダ王国にちなんで、現在の国名、ウガンダとなりました。 独立以来、度重なる内戦、20数年におよぶ政治的・経済的な混乱による社会への影響は大きく、社会生活の基礎となる、基幹整備が破壊され、80年代前半には年率200%以上のインフレを示し、密輸が横行しました

本来ウガンダは豊かな農業国で、農産物の輸出が90%を占めます。内戦の深刻な影響による農地の荒廃経済の疲弊、国民の生活苦、教育施設の倒壊・老朽化などの諸問題をかかえていますが、86年以降、現政府が政権を掌握し、世銀・IMFの支援を得て、経済再建に取り組み、立ち上がりつつあります。

ワールドビジョンでは、ウダンダの教育を立て直す為に、学校建築支援、学校家具の供給、職業訓練、大人の為の識字教育、青年の為の生活、向上研修等の実施を通して、10000人小学生、6000人の中学生500人の大人、300人の青年が現在よりも質の良い教育を受けられることを目指して活動をしています。

また、農業・経済開発については、農業・畜産技術の向上、換金作物を含む多品種栽培の導入、促進等を通じて、農業生産性を向上させます。この結果、2000世帯で収入増加、年間を通した食料の安定確保、栄養状態の改善が実現できるように活動を行っています。

保健衛生については、地域に根ざした保健サービス体制の強化、特に女性の健康を守るための活動、HIV/エイズ対策を推進することにより、2000世帯の健康状態が改善される事を目指します。

最終ゴール